BIOGRAPHY

西川 彩織

Drummer

1989年生まれ。和歌山県田辺市出身。
小学生の頃よりピアノを習う。高校では合唱部に所属。上京して慶應義塾大学に入学し、何気なく見学しに行ったビッグバンドジャズサークル・K.M.P. New Sound Orchestraでドラムに惹かれ転向。2年生の時レギュラーバンドのオーディションに合格したことで演奏機会が増え、学外のプレイヤーやプロミュージシャンとも交流するようになる。当時ドラムを粕谷謙介氏に師事。
大学卒業後一旦は企業に就職するが、ミュージシャンを志し2015年に脱サラ。東京を拠点に演奏活動をスタートさせる。2016年より自己のグループでのライブを定期的に開催し、ドラムの演奏だけでなくオリジナル曲の制作やアレンジにも力を入れるようになる。
また、ジャズにクラシックの要素を取り入れた女性4人組インストバンド・Fabrhymeを2015年に結成し、2018年ファーストアルバム「HELLO」をリリース。Motion Blue Yokohamaでのレコ発、東京・大阪・名古屋・静岡・和歌山を巡るツアーで盛況を博す。
現在は年間150本以上のライブに加え、セッションホストやレコーディングなど様々な現場で日々腕を磨いている。
これまでに、David Matthews、Eric Marienthal、川嶋哲郎、高木里代子、多田誠司、中村健吾、山本剛 各氏ら著名ミュージシャンとの共演歴あり。
2019年1月に初のリーダーアルバムをリリース予定。

Fabrhyme Official Website → fabrhyme.com